最終更新日: 2021/03/27

浅い夢(来生たかおカバー)ピアノ弾き語り

その他の「浅い夢」はこちら

3年以上前 | 677 回視聴 | 13 0
来生たかおの1976年のデビュー曲。海辺での男女の出会いを描いた短編小説のようなストーリーです。映像が浮かんできます。

<自己紹介>
山手のピアノマンこと、田中信幸(横浜)

<プロフィール>
東京オリンピックの開催中に誕生。中学までは野球少年だったが、高校入学後、同級生の影響でオフコースの小田和正に憧れ、独学でピアノをはじめる。オフコースならぬ「フルコース」というバンドで3年間活動。オフコースとともに過ごした高校時代だった。高校3年の終わりごろには、FMラジオで偶然、来生たかおのライブを耳にする。オフコースと同じくらいの衝撃を受け、貸しレコード屋で過去のアルバム7枚をすべて借りて、来生ナンバーにのめりこむ。

◇大学では、ジャズからロックから演歌まで、様々な分野のキーボードを担当。現在に至るまで多分100以上のバンドに参加し、いろいろな伴奏を担当。

◇40歳代後半からは、もう少しゆっくり音楽に向き合おうと、ピアノ弾き語りの活動を増やす。歌う曲もこじゃれた英語の歌やジャズではなく、35年前に好きだったオフコース&小田和正(30曲)、来生たかお(30曲)を中心に、20代,30代に聞いてきた70年代~90年代の日本のニューミュージック、シティポップス、フォーク、メロディアスな歌謡曲など。メロディと歌詞にグッとくるバラード中心に、レパートリーは300曲。現在は横浜のライブレストラン、バーなどを中心に活動中。

◇平日昼間は都内に通うビジネスマン。音楽以外に横浜の少年野球チーム(山手メイツ)でコーチ歴約10年。

◇ちなみに「横浜」は小田和正の出身地であったため10年前に東京から引っ越してきました。近所には、小田和正の母校・聖光学院、そして、ユーミンの歌で有名な「山手のドルフィン」もあります。

※動画はお試し版のソフトで15分くらいで、さくっと作ったので、変な商品名文字が真ん中に入ってしまっています。そのうちちゃんとします(笑)。

※映像ではベーシスト(鈴木さん)、パーカッショニスト(多鹿さん)が入ってますが、ライブレストラン(上大岡のくんくんしーらや)でやるときには手伝ってもらってます。


カテゴリー J-POP

J-POP最新曲ランキング(更新日: 2021-04-03)